isTKS™program ≫ Scala / Play2 をインストールしてHelloWorld

Scala / Play2 をインストールしてHelloWorld

2015.07.31

Scala / Play2 をインストールしてHelloWorld

CentOS 6.6(64bit)で、Scala / Play2.4.2をインストールして画面にHelloWorldを出すまでをメモ。

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.6 (Final)

$ arch
x86_64

JavaがなければJavaを入れる

$  yum search java | grep jdk
とかで、開発用Javaの最新版を見てyum installを実行
$ yum -y install java-1.8.0-openjdk-devel.x86_64

で、次にPlayの開発環境を作る。
typesafe-activatorのサイトから、最新版activatorのパッケージを取得する。

$ wget https://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.3.5/typesafe-activator-1.3.5-minimal.zip
※https://www.playframework.com/downloadで最新の安定版を確認しましょ
$ unzip typesafe-activator-1.3.5-minimal.zip
$ cd activator-1.3.5-minimal
$ ./activator new

もしくはbrewが入っているなら

$ brew install typesafe-activator
$ activator new play24

を実行する。

activatorを実行すると、
プロジェクト生成の初期化が始まり、
途中でいろいろ聞かれる。

Choose from these featured templates or enter a template name:
  1) minimal-akka-java-seed
  2) minimal-akka-scala-seed
  3) minimal-java
  4) minimal-scala
  5) play-java
  6) play-scala
(hit tab to see a list of all templates)
> 6
※play-scalaを選択

Enter a name for your application (just press enter for 'play-scala')
> my_project123
※プロジェクト名を入力

以上でプロジェクトが生成される。

以降は生成されたプロジェクト内で実行する。

$ cd my_project123/
$ ./activator

で、playに必要なパッケージのダウンロードがはじまる。
activatorが立ち上がると、コンソールが以下画面に変わるので

[my_project123] $
[my_project123] $ compile
で、コンパイル
[my_project123] $ run -Dhttps.port=9442 -Dhttp.port=disabled
で、ビルドインサーバーが立ち上がり開発ができる
(※port番号の指定ははかぶらなければなんでもいい)

runコマンドを実行中に、ブラウザで確認してみてPlay画面が表示されれば完了。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加