isTKS™diary,movie ≫ レポゼッション・メン(Repo Men)見ました[movie]

レポゼッション・メン(Repo Men)見ました[movie]

2011.08.11

レポゼッション・メン(Repo Men)見ました。

面白かった。

ネタばれにならない範囲内でのストーリー背景はこんな感じ。


近未来。政府は財政破綻を宣言、世界各地で戦争が続く中、人工臓器の移植は巨大ビジネスと化し、
供給元のユニオン社は心臓や腎臓、肝臓から眼球や鼓膜、
膀胱まで様々な“商品”を高利ローンで売りさばき、莫大な利益を上げていた。
購入者のローン支払いが一定期間滞った場合は“レポゼッション・メン(通称レポ・メン)”が債務者から手際良く、
そして情け容赦なく人工臓器を取り立てる。
それは時に債務者の死を意味するが、全ては合法的に行われていた。

個人的にこういう設定好きすぎるわwww
キャストはこんなかんじで。

ジュード・ロウ(Jude Law)
フォレスト・ウィテカー(Forest Whitaker)
リーヴ・シュレイバー(Liev Schreiber)
カリス・ファン・ハウテン(Carice van Houten)

いろいろストーリーの伏線がはってあったり、いい意味で意外な展開になったりいろいろ面白い。
進行のスピード感に若干欠けるのが惜しいぐらいで。

面白い映画を観終わった後の満足感とか幸せ感ったらたまらない。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加